腰痛予防はお腹から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性的な腰痛でもちょっとした身体の使い方で痛みを改善したり予防する事が出来ます。

筋肉は負担が掛かりすぎ疲労すると徐々に凝り固まってしまいます。
さらに疲労が蓄積していくと筋肉が過緊張をおこします。
そして、さらにそのまま過緊張が続くと筋肉内に発痛点(トリガーポイント)というしこりができ、強い痛みなどを引き起こします。

この時に筋肉の緊張が痛みの原因になっている場合があり腰の使い方を理解出来れば痛みを緩和する可能性が高いと思われます。

多くの筋肉は関節を挟み前後左右表裏でペアになっています。
それらのペアになった筋肉は反対の作用をします。
例えば肘を曲げると力こぶができ反対側の二の腕は伸びます。
腰も同じ事が言えます。
腰の場合反対側の腹筋がその役割を担います。
腹筋に適切に力を入れることで腰の力が抜けやすくなります。

逆に腹筋が弱い方は腰の筋肉が緊張し痛みを引き起こしてしまう事があります。

日頃のお腹の使い方やトレーニングで腰痛を防止する事にも繋がります。

自由な身体を手に入れよう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ストレッチ専門店&24hジム
☆出張ストレッチ☆
フリーロム静岡浜松店
浜松市中区佐鳴台4-40-33
080-2552-3793
freerom-sanarudai.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

#浜松ストレッチ
#ストレッチ
#浜松トレーニングジム
#24時間ジム
#腰痛
#四十肩

関連記事一覧

お問い合わせContact us

お気軽にお問い合わせください!

FREE ROM〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台4-40-33

TEL:080-2552-3793 メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP