脳とストレッチの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳卒中とストレッチの関係性

脳卒中とは脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の血管が破ける脳出血、くも膜下出血があります。

ガンや心臓病と並んで日本人の死因の上位を占めます。
脳卒中を引き起こす主な原因は動脈硬化です。
その動脈硬化を招く原因として
高血圧症
糖尿病
高脂血症
喫煙などが上げられます。
つまり脳卒中は、生活習慣病が要因となっているのです。
動脈硬化を防ぐためには適度な運動とストレッチが大切。
40歳以上で身体の硬い人は動脈硬化も進んであるという事が最近分かりました。
ストレッチによって動脈硬化を改善し血管が柔らかくなることも最近では知られていると思います。
血管ストレッチによる血管の若返りが血流を改善し、栄養や酸素をしっかり運んでくれます。
ストレッチで可動域を広げ、姿勢や血流を改善。
神経系が刺激されるので脳が活性化。
動脈硬化の予防効果が期待出来ます。
「俺は大丈夫!」と思っている中高年の皆様、ストレッチで動脈硬化の予防をしましょう!

自由なカラダを手に入れよう!

お問い合わせはお気軽に!
施術中は後ほどこちらから折り返しますので番号通知でお掛けください。

フリーロム静岡浜松店
浜松市中区佐鳴台4-40-33
☎️080-2552-3793
info@freerom-sanarudai.com

#浜松市
#ストレッチ
#ダイエット
#パーソナルストレッチ
#整体
#腰痛
#四十肩

関連記事一覧

最近の記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お問い合わせContact us

お気軽にお問い合わせください!

FREE ROM〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台4-40-33

TEL:080-2552-3793 メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP