お米は太る??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【お米は太る】はウソ?ホント?

最近は【糖質を摂ると太る】と思い込んでお米を食べない人も増えているそうです。
しかしお米に含まれる糖質は、生きるためにはなくてはならないエネルギー源です。
誤解してませんか?
お米の価値について

【食べると太りそう】というイメージからお米は悪者にされがちですが、まずは少しだけ歴史をさかのぼり日本人とお米の関係について説明します。

日本では少なくとも大昔から(弥生時代ごろ)からお米のもとになる稲を栽培していた記録が残っています。
栄養学という科学が存在しない昔から、お米は体にとって必要であることを体感的に認識していたからこそ、日本人は大昔からお米を食べ続けてきたわけです。

戦前の日本人はエネルギーの60%を糖質から摂っていましたが、その時代の人に肥満体型はあまりいなかったそうです。
しかし戦後、お米の消費量は減っていますが肥満が増えているのは、食の欧米化によって肉、卵、乳製品など動物性の食品に含まれる飽和脂肪酸の摂取量が増加したためです。
お米中心の食生活に動物性の脂質が加わったことで肥満が増えたので、お米自体は決して悪者ではなく、食べる頻度や量などバランスを考えて食べることが大切です。

では太らないお米の食べ方とは?
それは、糖質の『摂取量』がポイントになります。

糖質(炭水化物)と聞くと太ると思いがちですが、糖質にはいろいろ種類があり、それぞれ特徴が違います。
果物に含まれている果糖などのように、これ以上分解できないという小さな単位の単糖。
そして砂糖など二糖は単糖類が2つ結びついたものです。
また、単糖類がたくさん結びついたもので多糖があり、お米の主成分でんぷんがこの多糖になります。

同じ糖質でも、消化吸収が速く血糖値が急上昇しやすい単糖や二糖に比べると、お米のでんぷん(多糖)はゆっくりと分解消化されて、玄米などでは食物繊維も含むため血糖値の上昇が穏やかなので私たちの身体に負担をかけず、腹持ちもよくて体脂肪にもなりにくいという特徴があります。

1食あたりお茶碗一杯分のごはんであれば、糖質太りを気にする必要はないと言われています。

もちろんダイエットなど別の目的の場合には白米より玄米の方が相性がいいこともあります。
どんな食材も目的や状況に合わせて食品を選ぶことが大切です。

自由な身体を手に入れよう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ストレッチ専門店&24hジム
☆出張ストレッチ☆
フリーロム静岡浜松店
浜松市中区佐鳴台4-40-33
080-2552-3793
freerom-sanarudai.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

#浜松ストレッチ
#ストレッチ
#肩こり
#腰痛
#膝
#四十肩
#五十肩
#開脚

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2021.07.17

    深呼吸

アーカイブ

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お問い合わせContact us

お気軽にお問い合わせください!

FREE ROM〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台4-40-33

TEL:080-2552-3793 メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP