太りやすい人は肩甲骨が硬い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~太りやすい人は肩甲骨まわりが硬い~
年齢とともに太りやすさを感じている方には肩甲骨ほぐしがお勧めです。

年齢が上がると太りやすくなる理由
20代までと食事や運動に変化がなくても、30代〜40代で太りやすくなってしまいます。
その原因のひとつは基礎代謝の低下です。
基礎代謝とは、呼吸をしたり内臓が働いたり体温を維持したりといった生命活動のために使われるエネルギーのこと。

年齢が上がるにつれて基礎代謝は低下してしまいます。
つまり、年齢と共に低下する代謝は、低下させないための対策が必要なのです。

基礎代謝を上げる方法とは?

・適度な水分を摂る
寝起きにコップ1杯の白湯から始まり、水分補給をこまめに行いましょう。
冷えやすい人は日中も冷水を避け、体温より温かい飲み物を飲みましょう。

・体を温める食材を取り入れた規則正しい食生活をする
ダイエットのために食事を抜く事はNG
できるだけ決まった時間に食事を摂り、体内リズムを整えましょう。
また、体を温めてくれる食材を摂り入れるようにしましょう。
野菜なら葉物より根菜がお勧めです。
香辛料、香味野菜、ナッツやゴマなども体を温める働きがあります。

・毎日ぬるめの湯船に浸かる
できるだけ毎日湯船に浸かることで、血流やリンパの流れを促し、老廃物を排出しやすい体づくりへと繋がります。
また、ぬるめのお湯は副交感神経を優位にし、胃腸の消化機能も促進させますし、リラックスできることで良質な睡眠へと繋がります。

・筋肉量を増やす
筋肉量の低下は基礎代謝の低下へと繋がります。
筋肉量を増やすトレーニングを行っていきましょう。

・深い呼吸をしながらストレッチをする
自律神経のバランスが乱れると低体温へと繋がりやすくなります。自律神経のバランスを整えるためにもストレッチがお勧め。

全ての項目に共通するのは、「体を温める」ということ。
体が冷えると、臓器の働きが鈍り、基礎代謝が低下してしまいます。
基礎代謝を低下させないためには、体を温める生活が大切なのです。

肩甲骨まわりをほぐすと痩せやすくなる?
基礎代謝を上げる方法としてストレッチがお勧めですが、中でも肩甲骨周辺をほぐすストレッチがお勧めです。
肩甲骨周辺には脂肪を燃やし、熱を生み出す機能を持つ「褐色脂肪細胞」があるためです。

反対に、肩甲骨周辺が凝り固まっていると、余計な脂肪が溜まりやすく、巡りの悪い体になってしまいます。
太りやすくなるだけでなく、むくみやすく、肌もくすみやすいなど、様々な影響がありますので、肩甲骨周辺は日常的にほぐしていきましょう。
デスクワークやスマートフォンを見る時間が長くなった時など、肩甲骨まわりが凝り固まりやすいため、気を付けて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ストレッチ専門店&24hジム
☆出張ストレッチ☆
フリーロム静岡浜松店
浜松市中区佐鳴台4-40-33
080-2552-3793
リラクゼーション&フィットネス
freerom-sanarudai.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

#ストレッチ
#浜松トレーニング
#ダイエット
#ストレス解消
#24時間ジム
#体質改善
#パーソナルトレーニング
#浜松市
#肩甲骨

関連記事一覧

最近の記事

アーカイブ

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

お問い合わせContact us

お気軽にお問い合わせください!

FREE ROM〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台4-40-33

TEL:080-2552-3793 メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP